ドラム室のご相談・防音・防音工事・設計施工まで・・・防音専門の防音ドラム.com

室内騒音について

外部からの騒音や内部の設備騒音が、より良い防音室空間の環境を左右します。
内部の設備騒音を示す値として「NC値」で評価します。

ホールやスタジオにおける室内騒音の代表的なものとしては、空調機等の設備騒音と外から入ってくる騒音が挙げられます。

騒音の表示には「NC値」を使うのが一般的です。
NC値とは、L.L.Beranek(ベラネック)氏が、耳に感ずる音の大きさと会話に対する騒音の妨害程度を研究して、騒音の許容値を周波数分析した結果の騒音評価値を言います。

NC値はNC曲線より求めます。
例えば、各帯域の騒音レベルがすべてNC-30の基準曲線より小さい時のNC値は“NC-30”となります。

NC値の基準曲線

測定点にて、騒音計(1/1オクターブバンドフィルタ付)で63Hz〜8kHzまでの各周波数帯域の値を読みとり、
NCカーブのグラフ用紙にプロットしNC値を得ます。

MENU